任天堂・岩田社長の発表@六本木ニコファーレ

写真拡大

ゲームメーカー・任天堂が、niconicoの開催する巨大ゲームイベント「闘会議2015」の特別協賛となることが記者会見で発表された。

記者会見には、任天堂の代表取締役社長・岩田聡さんが動画で登場し、「闘会議2015」の特別協賛になることに加え、ニコニコ動画の提供する「クリエイター奨励プログラム」に準じて、任天堂の著作物を利用し、二次創作を行える許諾を出すことを発表した。

安心して二次創作を発表できる環境を用意する


ゲーム実況動画に限らず、ゲーム音楽の弾いてみた・歌ってみた等も含め、動画クリエイターが安心して二次創作に取り組める環境を構築していくとのこと。

12月1日(月)より、「クリエイター奨励プログラム」のアカウントから実施対象となる。

なお、事前確認が難しいニコニコ生放送に関しては、許諾は現時点では出ないとのこと。

クリエイター奨励プログラムとは?


「クリエイター奨励プログラム」は、ニコニコ動画や生放送で活躍するクリエイターを支援する制度。投稿作品の人気度に応じて、クリエイターとなるユーザーに対して奨励金が支払われる。

クリエイター奨励プログラム



奨励金対象となる作品については、任天堂の250タイトル以上が予定され、すでに『マリオカート8』『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』といった最新コンテンツも発表されている。詳細は後日発表とのこと。

クリエイター奨励プログラム適用の作品



ニコニコ動画すべてのユーザーに開放されている制度ではないものの、有償コンテンツとなるプレイ動画に対しては、ゲームメーカーからの風当たりはまだ強い。

もし今回のような取り組みが一般化・普及すれば「ゲームをするだけで食べていける」という誰もが夢に見た未来すら、限りなく現実に近づくといえるだろう。

日本ゲームメーカーのトップランナー・任天堂が一足早くネット時代のコンテンツ流通に対し、意欲的な取り組みを見せそうだ。

※記事初出時、一部イベント名に誤りがございましたので、お詫びして訂正いたします

「ニコ動知ってますか?」 会場「?」 小林幸子50周年ライブの武道館で何が起きたのか
この可愛さはヤバいだろ… メガリザードンポンチョのピカチュウ登場
モンハンのまどマギ武具がムキムキで可愛い! キュゥべえコスも
あれ…目から汗が プレステ20周年映像『みんなのゲーム愛にありがとう。』公開
名作ゲーム音楽をオーケストラに 交響楽団 JAGMOの新たな挑戦