豪代表の監督と主将が日本戦に意気込み「大きなライバル関係」

写真拡大

 17日、オーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督とキャプテンを務めるミレ・イェディナクが、18日に行われるキリンチャレンジカップ2014の日本代表戦に向けた前日会見に出席した。

 指揮官は、「もちろん、心から楽しみにしている。日本で日本と対戦することは、我々にとってチャレンジだが非常にワクワクしている」とコメント。「日本とオーストラリアは堅いライバル関係で結ばれているし、これからも続けていきたいと思う」と語った。

イェディナクも、「最近は日本戦になると、常に互いに最高のものを引き出すような場になっていたと思う。ある意味、大きなライバル関係にあると思う」と同調。アジアサッカー連盟に加盟以降、日本とはアジアカップやワールドカップ予選でしのぎを削ってきたが、「明日の重要性が損なわれるわけではない。明日も両チームとも必死に、最善を尽くして戦うと思うし、非常に良い試合になると考えている」と予想した。

 両国は、過去に22試合で対戦。対戦成績は、7勝8分け7敗となっている。