アシスタDX

写真拡大 (全4枚)

 ブリヂストンサイクルは、従来より重量を約20%軽量化した新開発のドライブユニットを搭載する、2015年モデルのホーム系電動アシスト自転車『アシスタDX(デラックス)』を、12月上旬より全国の販売店を通して新発売する。

 同商品は、実用的な自転車機能を備えたホーム系電動アシスト自転車のベストセラーモデル。2015年モデルでは、従来より重量を約20%軽量化、容積を約16%削減した新開発の小型ドライブユニットを搭載したことで、車体重量を約800g(DXモデル26インチサイズ)軽量化している。電動アシスト自転車を利用している方の最も大きな不満点である「重量」を改善し、高齢者や、女性でも、より扱いやすい仕様となっている。

 また、前モデルに引き続き「滑らかで快適なアシスト走行を実現する トリプルセンサーシステム」や、「充電時間が短い充電器」、夜間走行時に危険なうっかりつけ忘れを防止する「オートライト機能」を採用した。空気圧を常にチェックでき、パンク防止に効果的な「空気ミハル君」もついている。

 今回は、昨年より好評な4つのカラーラインナップに「透明感のあるエレガントな印象のカラメルブラウン」を新色に加え、計5色を発売する。更に、スペシャル仕様として、実用性はそのままに「編み込み風樹脂バスケット・鋲付きテリーサドル・フレームと共色のパイプキャリヤ」を採用したカジュアルなモデルも計3色で発売する。

 標準現金販売価格は、DXが104,800円(税抜)、DXSPが106,800円(税抜)。