17日、韓国メディアによると、12月に韓国に進出するスウェーデン系家具販売・IKEAが、「日本海」と表記された地図を販売していることが韓国で物議を醸している。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2014年11月17日、韓国・聯合ニュースによると、12月に韓国に進出するスウェーデン系家具販売・IKEA(イケア)が、「日本海(Sea of Japan)」と表記された地図を販売していることが、韓国で物議を醸している。

【その他の写真】

IKEAが米国などで販売している世界地図には「日本海」と表記されている。また、韓国進出のために開設されたIKEA Koreaのホームページでも、「日本海」と表記された地図が使われているという。

この地図についてIKEA側は「教育用資料として作られたものではない」とし、また、「韓国でこの地図を販売する計画はない」と明らかにした。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「くだらない言い訳だ。あきれて言葉も出ない」
「他国では成功したけど、韓国にはうまく適応できなかった外国企業は意外に多い。IKEAもその可能性が高いな」
「どんなに安くても買わない」
「韓国で売らなければ許されると思った?ずうずうしい企業だ。『IKEA』って名前も日本っぽくて嫌だった」

「価格も他国に比べて高いらしい。IKEA不買運動を始めよう」
「全商品を回収するべきじゃないの?IKEAに良いイメージを持っていたのに残念」
「IKEAを楽しみに待っていた自分が情けない」

「独島(竹島の韓国名)はどう表記されているんだろう?」
「他にも安くておしゃれな家具はいっぱいあるんだから、IKEAにこだわる必要はない。賢い買い物をしよう」
「文句を言いながらも、結局買ってしまうのが韓国人だ」(翻訳・編集/篠田)