写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バイエル薬品はプロサッカー選手の細貝萌選手を迎え、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の啓発プログラム「6Minutes Run for CTEPH(シックス・ミニッツ・ラン・フォー・シーテフ)」を12月25日(大阪)、27日(札幌)に開催する。

同イベントは、難病のひとつである CTEPHシーテフ( 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 )のことを多くの人々に知ってもらい、患者への支援につなげていくことを目的とした啓発イベントで、PAHの会と共催して実施する。

当日はCTEPH啓発大使のプロサッカー選手・細貝萌選手もドイツから駆けつけて参加する。会場では、CTEPHの臨床試験における評価項目である「6分間歩行」にちなみ、「6Minutes Run(6分間走)」を行う。

細貝選手と日本のバイエル薬品社員、そして一般公募による参加者全員が6分間に走った合計距離と、細貝選手の2013/14と2014/15シーズンの公式戦走行距離を合計。1kmにつき1,000円で換算した金額を肺高血圧症(PH)患者の QOL(Quality of Life:生活の質)をサポートする支援プログラムや活動団体などに、同社が助成する。

現在、大阪、札幌の各会場200名の参加者を募集している。一緒にトラックを走るだけでなく、ウオーミングアップを細貝選手と一緒に行うほか、参加者全員での集合写真撮影も実施する。終了後には6分間走の計測距離が記入された認定証や、細貝選手サイン入りグッズなどをプレゼントする交流イベントも予定している。

会場は、ヤンマースタジアム長居(大阪会場)、札幌市スポーツ交流施設 コミュニティドーム(札幌会場)。募集要項や申し込み方法は、シックス・ミニッツ・ラン・フォー・シーテフ公式ホームページでも案内している。

(フォルサ)