Jinmenusagi NEW ALBUM「LXVE - 業放草 - 」

写真拡大

プロダクション・LOW HIGH WHO?(ローハイフー)からラッパーのdaokoさんとJinmenusagiさんが脱退。11月15日(土)に2.5Dで行われたイベント「LOW HIGH WHO? Presents “Jinmenusagi & DubbyMaple Release Party”」にて発表された。

さらにLOW HIGH WHO?自体も年内をもって解体。2015年度より、一新して再構築した状態で活動を再開させるという。

LOW HIGH WHO?は良質なヒップホップやポエトリーリーディング中心とする楽曲をリリースしてきたプロダクション。主宰であるParanelさんによる独自の審美眼によって、数多くの所属アーティストが既存のヒップホップシーンとはまた違った領域でその名を上げている。

daoko、来年のアルバムリリース後、LHW?での活動を終了


Jinmenusagi、daoko

Paranelさん、GOMESSさんから花をもらったJinmenusagiさん、daokoさん



GOMESSさん、daokoさん、DubbyMapleさんのアクト後に発表されたのが、daokoさんとJinmenusagiさんの脱退についてだった。

両名とも、この数年間のLOW HIGH WHO?を支えてきたプロダクションを代表するラッパーであり、その脱退はこれまでのファンに大きな衝撃を与えるものだった。



daokoさんについては、2015年にニューアルバムをリリース後、契約満了と共に脱退することを発表。

daokoさんは、15歳という異例の若さでLOW HIGH WHO?よりデビューし、これまで2枚のフルアルバムをリリース。m-floMummy-Dさんといった有名ヒップホップアーティストとのコラボや、映画『渇き。』に楽曲が採用されるなど、人気絶頂ともいえる状況だった。

しかしながら大学進学を期に、一度ここで区切りをつけるそうだ。LOW HIGH WHO?での活動終了後も音楽活動は続けていくという。2015年にLOW HIGH WHO?から最後のアルバムリリースと、2月にラストライブを予定していることも発表された。

Jinmenusagi、年内でLHW?を脱退 以降はレーベルを設立





Jinmenusagiさんについては、LOW HIGH WHO?から独立し、来年からインディペンデントレーベルを設立するという。後ろ盾のない、完全なインディペンデントとして活動していくようだ。今回のイベントは表向きはJinmenusagiさんとトラックメーカー・DubbyMapleさんの新作リリースを記念してのものだった。

Jinmenusagiさんは23歳ながらすでに4枚のフルアルバムをリリースし、近年ではネット上で起こった騒動「#FightClubJP」で痛烈なアンサーを見せて注目度を上げるなど、現在のLOW HIGH WHO?を牽引するラッパーだった。

LHW? 解体と再構築──総合芸術のプロダクションへ


主宰のParanelさんは「Jinmenusagiが脱退すると聞いた時、嫌だ嫌だ! と泣いた……」と語っている。しかし、現在は互いが納得し、今後も良好な関係のもと活動を続けていくという。今後のLOW HIGH WHO?について、Paranelさんは「ラッパーやトラックメーカーだけでなく。女優や映像作家も所属する、総合芸術のプロダクションとなる」と続けた。

所属するアーティストについてはまだ明示されていないものも、現在のWebサイトに掲載されている情報は刷新されるようだ。LOW HIGH WHO?がどんな形で変化を遂げるのかは、LOW HIGH WHO?のブログ上でParanelさんが綴っている。

これまで様々なアーティストや作品を送り出してきたLOW HIGH WHO?であるだけに、その期待は大きい。