新妻エイジ役を演じる染谷将太 ©映画「バクマン。」製作委員会 ©大場つぐみ・小畑健/集英社

写真拡大

2015年に全国東宝系で公開される映画『バクマン。』の追加キャストが発表された。

【もっと大きな写真を見る】

今回新たに出演が明らかになったのは、天才漫画家・新妻エイジ役を演じる染谷将太。佐藤健演じる最高と神木隆之介演じる秋人の最強のライバルとして、『週刊少年ジャンプ』連載を巡る争いを繰り広げるという役どころだ。

映画『バクマン。』は、大場つぐみが原作、小畑健が作画を手掛け、2008年から『週刊少年ジャンプ』で連載された同名漫画をもとにした作品。高い画力がありながらも将来に夢を持たず、平凡に生きる高校生・真城最高を主人公に、最高のクラスメイトで漫画家志望の高木秋人がコンビを組んで『週刊少年ジャンプ』での連載獲得を目指して奮闘する姿を、ライバルの天才漫画家・新妻エイジや新進気鋭の漫画家たちとの関わりなどを通して描く。

監督は映画『モテキ』で知られる大根仁。最高が想いを寄せる声優志望のクラスメイト亜豆美保を小松菜奈が演じるほか、最高と秋人の才能を見抜き、2人を支える『週刊少年ジャンプ』の編集者・服部哲役に山田孝之、2人を陰で見守る同誌編集長・佐々木役にリリー・フランキー、最高の叔父で、過労で亡くなった漫画家の川口たろう役に宮藤官九郎、最高と秋人と共に『週刊少年ジャンプ』連載を目指す漫画家役に桐谷健太、新井浩文、皆川猿時がキャスティングされている。

■染谷将太のコメント
今回演じる新妻エイジというキャラクターは、掴みどころがなく突拍子もないところが魅力なんですけど、演じるのは本当に難しい役でした。原作のままの感じを残しつつも、エイジのセリフのニュアンスが割りと淡泊で、感情があるようでないような感じなので、猫背でひょこひょこ動いたりしたら面白いかなと思って、監督とも相談しながら新たに作っていった部分もありました。またエイジの演技には、全体的にアクションが多いので本当に苦労しましたね。ペン入れのシーンでは、映画の為に作った特殊なペンを途中で回しながら、擬音を発して、セリフも言わなければならなかったので、結構難しかったですね。擬音はボイスパーカッションと言われましたけど(笑)。CGバトルシーンもあるんですけど、どうなっているのかがすごい楽しみです。人間ドラマは人間ドラマでしっかりとベースにあるんですけど、漫画を描く作業って一見地味だと思われているじゃないですか、それを逆手にとって映像として遊んでいる部分がどれだけ躍動感のあるものになっているのか、本当に作品の完成が楽しみです!!是非、ご期待ください!!