大柄な男性も安心の安定設計

写真拡大

オムロン ヘルスケア(京都府向日市)は、「体重体組成計 HBF-220カラダスキャン」を2014年11月20日から発売する。

子どもの成長からシニアの健康管理まで幅広く使える

大きな文字で立ったままでも測定結果がしっかり確認できるのが特徴で、過去の体組成データから誰が計測中なのか推定する「自動認識機能」を搭載。これまでのように家族の性別や身長などを事前に登録する必要がなく、電源を付けて乗るだけですばやく判断する。体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、骨格筋率、体年齢、基礎代謝、BMIといった基本機能に加えて、前回計測した体重との差を表示。「子どもアルゴリズム」搭載で、6歳からの体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝がわかり、子どもの肥満予防にも役立つ。価格はオープン。ネット通販サイトでは、6500円を切る価格で予約を受け付けている。