映画「海街diary」に大竹&堤、是枝裕和監督初出演の感想を語る。

写真拡大

「月刊フラワーズ」(小学館)で連載され、発行部数累計250万部を誇る吉田秋生のコミック「海街diary」が、是枝裕和監督により映画化され、公開日が2015年6月13日(土)に決定した。そして綾瀬はるか(長女・幸)、長澤まさみ(次女・佳乃)、夏帆(3女・千佳)、広瀬すず(4女・すず)に続く豪華キャスト陣を発表。各キャストよりコメントが寄せられた。

長女、次女、三女と離れて暮らす実母・都役には、大竹しのぶを起用。離婚し、夫が家を出ていった後自らも再婚、まだ子どもだった娘たちを母親に預けて家を出ていってしまった母を演じる。大竹は是枝作品に初出演となったことについて、「是枝監督とは、監督がデビューする前からの知り合いだったのですが、なかなか御一緒できなくて、今回やっと実現できて本当に嬉しいです。想像していたとおり、細やかで優しくて丁寧に映画を作っていらして、感動しました」とコメント。

3姉妹の母親役を演じた心境については、「娘三人を見ていると本当に、あー、可愛らしくて、美しいなと思います。この子たちがやがて結婚して子どもを産んで、幸せな家庭を作っていって欲しいと心から祈る自分がいました」と撮影時の心境を明かしている。

また、3姉妹については、「とにかくみんな綺麗で、可愛らしいくて、あんな四人がいたらお家の中は、華やかだろうなと思います」と語り、「私も四人姉妹で、父や母も色々心配しただろうな、こんな気持ちだったのかな、と思ったりしました」と自身の思い出も重ね合わせた。

そして、看護師の長女が働く市民病院の小児科医で、別居中の妻がいながらも幸と心を寄せ合う椎名和也役を、俳優・堤真一が好演。大竹、堤ともに、是枝監督作品に出演するのは初となる。

堤は「一言で言うなら、是枝監督は『こだわりの人』です。とてもおだやかな方なのですが、照明やセットの細部にまで徹底的にこだわる姿勢からは、作品に対する並々ならぬエネルギーがあふれていました。とてもプロフェッショナルな空気に満ちた現場は、居心地がよくて楽しかったです」と現場を振り返り、「今回、僕は、短期間に集中した撮影だったのですが、最後に監督から『またガッツリ一緒にやりましょう』と、とても光栄な言葉をかけていただき、参加してよかったと思いました」とコメントした。

映画「海街diary」は2015年6月13日(土)全国ロードショー。

☆「海街diary」ストーリー

鎌倉で暮らす三姉妹、幸、佳乃、千佳の元に、15年前家を出ていった父の訃報が届いた。長い間会ってもいなかった父の葬儀のため山形に向かった三人はそこで異母妹すずと初めて会う。身寄りのなくなった彼女が、葬儀の場でどうしようもない大人たちの中で毅然とふるまう姿に、長女・幸は別れ際とっさに口にする。「すずちゃん……鎌倉にこない?いっしょに暮らさない? 4人で」。そうして鎌倉での4姉妹の生活が始まる―。

☆是枝監督のキャスト別コメント

○大竹しのぶ

実はかなり以前に大竹さんの舞台のメイキング撮影をしたことがあり、その後も是非ご一緒したいと思っていた女優さん。本作は4姉妹を中心にした女性たちの映画であると考えていて、姉妹たちと対比する上の世代の女性たちが大事な役割を担いますので、どう現実感を伴うかたちでキャスティングするかは重要でした。その中で大竹さん演じる幸、佳乃、千佳の3姉妹の母、都はとても重要な役。弱いところを出してしまう女性としての湿り気もありつつ、決して憎めない愛する対象でもある、表現するのがとても難しい役どころだと思う。都を演じた大竹さんはそのバランスが絶妙で素晴らしかったです。幸が少女時代を経て、母性を獲得する話と捉えた場合、都の存在が鍵となる。それまで許せなかった都を受け止める糸口をみつけ、幸は一歩大人になる。二人が向き合う芝居は本作の見せ場のひとつになったと思います。

○堤真一

ご一緒する機会をうかがっていた俳優さんの一人です。これまでタイミングがあわなかったけれど、やっと実現しました。主人公4姉妹にそれぞれ重要な男性がいて、それぞれどういう人に演じてもらうかすごく考えました。堤さん演じた椎名は、幸が妻になるかどうかという人生の岐路に立ったときに、どういう選択をするかに重要な絡み方をする人。自分を律して生きている幸が唯一肩の力を抜いて女性的な部分を出せる相手ではあるが、そこはウェットには描きたくなかった。そのあたりの匙加減がさすがで、二人とも現場でもリラックスして演じてくれて作品のトーンに馴染んでくれたと思います。