GDPは実質年1.6%減 4月の消費税引き上げが大きく影響

ざっくり言うと

  • 平成26年7〜9月期の国内総生産の速報値は、年率換算で1・6%減となった
  • 4月の消費税率引き上げに伴い、回復が遅れていることが鮮明になった
  • 7〜8月の天候不順による消費押し下げや、設備投資回復の遅れも影響した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング