ぐっちー氏
多額の住宅ローンを抱えたまま、資産運用を考えるのは間違った考え方だと指摘するぐっちーさん。また、円安トレンドになった今。そもそも円で資産を形成することはどうなのだろうか?現状でのベストな資産運用の形を提言する。

◆円安状態での資産運用を間違うことなかれ!(現役金融マン ぐっちー氏)

 久しぶりに資産運用の話を。いろいろな方と話をしますが基本的に皆さんの資産運用は間違っています。

 まず、住宅ローンをお持ちの方。5000万円30年返済といったローンをお持ちならそもそもそれ以上の資産運用は不可能だとお考えください。例えば5000万円借金をして株式投資をすると考えたらどうでしょう? ありえないですよね。もっと言うと5000万円借金をして競馬にカネを突っ込んだとしたら、バカなのか?と思いませんか? 持ち家を買うという行為はそれとまったく同じ。頭金を300万円ほど払い、残りの5000万円をローンにする。月々の支払いは家賃と同様ですよ、と不動産会社は売り込んできますね。

 しかし、それはあくまでも住宅の価値が30年後に上がっている、もしくは値段が下がっていないという大前提条件のもとに成り立つ計算です。これから人口減少が明らかな日本では住宅需要は下がる一方ですから、住宅需要が増大して住宅価格が上がる、というのはかなり想像しがたい。

 一方で終身雇用制度が崩れつつある今、30年今の仕事があるという保証のほうがはるかに少ないでしょう。それだけのローンを抱えていれば運用などを考えている暇はありません。あなたの運用資産はほぼ100%住宅という投資対象に向けられていると考えてください。

 ですから住宅ローンを組んで持ち家をお持ちの方は、とにかくどれだけ早く借金を返すか、あるいはその借金を支える今の仕事をどれだけ長く続けられるかを考えるべきで運用などとは無縁なのです。

⇒【後編】「『日本国』に依存した試算運用を見なおせ」に続く http://hbol.jp/12685

【選者】現役金融マン ぐっちー氏
ウォール街で20年生きてきたノウハウからブログを執筆するアルファブロガー。金融と経済を中心としたオピニオンブログ「THE GUCCI POST」(http://sweetpoolside.jp/)を主宰している