●イデポン宮森 発動編

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©「SHIROBAKO」製作委員会
<キャスト>
宮森あおい、ミムジー&ロロ:木村珠莉
安原絵麻 :佳村はるか
坂木しずか:千菅春香
藤堂美沙 :睫酲稟
今井みどり:大和田仁美
高梨太郎 / タロー:吉野裕行
本田豊:西地修哉
矢野エリカ:山岡ゆり
落合達也:松岡禎丞
瀬川美里:山川琴美
遠藤亮介:松本忍
木下誠一 / 木下監督:檜山修之
山田昌志:浜田賢二
円宏則:斎藤寛仁
下柳雄一郎:間島淳司
井口祐未:沼倉愛美
内田茜:高橋李依
渡辺隼 / ナベP:松風雅也
丸川正人:高木渉
杉江茂:小柳基
稲沢良和:岩田光央
佐倉良樹:高梨謙吾
新川奈緒:日野まり
堂本知恵美、中田恵理:伊藤静
興津由佳:中原麻衣
小笠原綸子:茅野愛衣
森しのぶ:高橋李依
相馬りな:田村ゆかり
縦尾まり:横尾まり
遠藤の妻:橋本ちなみ

●ストーリー
シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事でありひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。
イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、
シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。
その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

そう、アニメの今がここにある・・・
●オープニング
第8話のラストを3Dに変更するという事は第9話の最初も3Dに変更しないといけないはずですが…。

第9話の冒頭部分、作画で納品されてしまった!

※これはまずい!

高梨太郎の対応のまずさの割を食う宮森あおいですが…。
●万策尽きた〜!
宮森あおい「高梨さんと同じ土俵に上がりたくありません!」

そして8話の作画監督の遠藤亮介、作画監督を降板するという事態に!

制作進行リーダーの本田豊、この事態を聞くなり蒼褪め、しかも最終話の絵コンテが仕上がらないまま木下監督は逃亡!

本田豊「万策尽きた〜!」

※彼の口癖ではありますが、今回ばかりは本心のようです。

宮森あおい「これから3Dアニメが主流になっていくのでしょうか?」
矢野エリカ「そうだね。でも作画のアニメも無くならないと思うよ。」

時代の流れ、といえば簡単ですがアニメ制作で昔ながらの作画のアニメが減少していくのは否めない事実です。
●イデポン宮森 発動編
興津由佳「イデポン展、明日までですけど行きますか?」

そこで宮森あおいは、イデポンがきっかけでアニメ業界に入った遠藤亮介を誘う事にします。偶然を装い高梨太郎と3D監督の下柳雄一郎も!

※本当に偶然だったのかも…。

このイデポン、両名ともこだわりがあるようで宮森あおいも高梨太郎もまるで話についていけず!

遠藤亮介「イデポン宮森だな。」

このイデポンがきっかけとなり第8話の作画監督に復帰した遠藤亮介。無事期限までに原画を仕上げる事に成功!

そして木下監督が絵コンテを仕上げた!でも半分だけ!な「SHIROBAKO」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「SHIROBAKO」第5話「人のせいにしているようなヤツは辞めちまえ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第4話「私ゃ失敗こいちまってさ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第3話「総集編はもういやだ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第2話「あるぴんはいます!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第1話「明日に向かって、えくそだすっ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「SHIROBAKO」TVアニメ公式Webサイト
「SHIROBAKO」AT-X公式Webサイト