実り多き2014年!錦織圭さんは今季を「世界5位のゴー」で締めくくり、人外集う天上界へ一歩を踏み入れた件。
負けて悔しい!勝っても驚かない!

大きな飛躍を遂げた錦織圭さんの2014年が終わりました。今季最終戦となるATPワールドツアーファイナルズ。準決勝に進出した錦織さんは世界ランク1位のジョコビッチと対戦しました。全米オープンでは死闘の末に下した相手に対し、錦織さんは第2セットを奪うなど互角の戦いを見せます。しかし、最後は自らのミスで流れを失い、ズルズルと力負け。ジョコビッチ越えは残念ながらなりませんでした。

しかし、この戦いにはもはや驚きはありません。世界ランク5位としてのファイナルズ進出。そこで準決勝に残り、勝利のチャンスがある戦いを演じる。これはもう紛うことなきトップオブトップの戦いです。錦織さんの世界ランクは来年早々にも4位に上昇することが確実。そうなれば大会の組み分けでも準決勝までは格上と当たらない形になります。新たなBIG4へと、道は拓かれています。

若き才能がランキングを上昇させ、天上界の人間に並びかけた。世界の、テニス界の、錦織さんへの期待値は2015年、さらに上がります。今はさながら長く土俵を支配する大横綱に、若き才能が挑みかかり大関昇進を果たしたような状態。求められるのは偶発的な1勝ではなく、世代交代です。過去を乗り越え、新たな時代を築くこと。近い将来ロジャー・フェデラーがコートを去ったとき、誰かが新しいキングとなる。ランクでも、若さでも、錦織さんはその候補にカウントされる立場です。

もはやいつどこで誰に勝っても、世界は驚かないでしょう。2015年はライバルとして天上の人外選手たちに挑みかかり、ドキドキせずに勝ってもらいたいもの。昨日の試合も、岡目八目で見ているコチラは「勝てる試合を落とした」という印象。全米の決勝といい、ファイナルズ準決勝の第3セットといい、大きな勝ちが見えてきたところで自ら崩れる場面が惜しかった2014年。2015年は「勝ったり負けたりすることが当たり前」という自信を胸に、時代をまた一歩進めてもらいたいものですね。

ということで、2015年に向けて「生きてるうちにグランドスラム制覇が見たい」という念を送りつつ、15日のテレ朝中継による「ATPワールドツアーファイナルズ準決勝」をチェックしていきましょう。

◆ジョコビッチもフェデラーも20代早々にグランドスラム獲ってるぞ!

松岡修造さんが何年も前から繰り返してきた言葉。「圭は必ず世界のトップ10に入ります」「圭は必ずグランドスラムを勝ちます」「圭は世界ランク1位になれる選手です」という熱っぽい響きは、修造割引で6割くらいの感じで世間は受け止めてきたはずです。「だいぶ盛ってるんだろ」と。しかし、気が付けば現実が修造に追いついてきました。修造割引はもう終わりです。

ATPツアーファイナルズは年間のツアーの最後を締めくくる大会。世界ランクなどで決まる上位8名だけが戦う夢舞台です。全勝で優勝すればランキングポイント1500を獲得することができ、これはグランドスラム優勝の2000ポイントに次ぐ価値となるもの。競馬で言えば有馬記念みたいなものでしょうか。

準決勝に進出した錦織さんの相手は、世界1位ジョコビッチ。ここまでの3試合、もちろん3連勝で勝ち上がってきていますが、その内容がまた圧巻です。全米優勝のチリッチに6-1、6-1。全豪優勝のワウリンカに6-3、6-0。世界ランク7位のベルディハは6-2、6-2。1セットも失わない圧勝劇。世界トップの8人の戦いで、この圧勝。まさに「人外超人」という強さです。

↓いやいや錦織さんもじょじょに人外の風格を漂わせ始めているぞ!


真っ赤なジャガーで颯爽と決める、これは人外にしか許されない!

ノー靴下でくるぶしをチラ見せる着こなし、これは人外にしか許されない!

運転席のドア開けたのに降りずにドヤ顔、これは人外にしか許されない!

僕ら凡人には一生出せない世界観は、間違いなく人外のもの!

↓大会の煽りVTRでも錦織さんのカッコよさはまったく負けていない!


カモン、ケイ!

カモン、ニシコリ!

Air-K 錦織圭 in 全豪オープン 2012 [ 錦織圭 ]

価格:4,664円
(2014/11/16 11:16時点)
感想(2件)



そして始まった試合。第1セット、まずはジョコビッチのサービスから。しかし、第1セットは見所なくあっという間にすぎていきます。錦織さんは最初のサービスゲームこそキープしますが、ゲームカウント1-2で迎えた第4ゲームはジョコビッチにダブルのブレイクポイントを握られ、そのままブレイクを許します。

ブレイクを許した最後のポイント、決まったと思った攻撃を拾われ、結局は自分のチャンスボールでボレーをミスして落とすという形でした。まさに力負け。これはアカン。勝てる気せん。そんな感覚。先にブレイクを許した錦織さんはジョコビッチから主導権を奪い返すことなく、第1セットを1-6で落とします。これまでに敗れてきたトップランクの選手のように、すんなり屈してしまうのか。苦しい立ち上がりとなりました。

錦織さんののサーブで始まった第2セット。いきなりブレイクを許す嫌な流れ。このままズルズルとストレート負けの未来がクッキリ見えてきます。しかし、錦織さんが人外力を見せたのはここからでした。ジョコビッチのサービスゲーム、錦織さんは攻めに出ます。厳しいコースへのリターンを重ね、ジョコビッチのエラーを誘発。

そして、ブレイクポイントの場面では、何とジョコビッチにダブルフォルトが飛び出したのです。運もあった、ラッキーもあった、しかしそれを誘うのも実力。全米の悪夢をジョコビッチの頭にチラつかせます。

ともに守備が強く、ストロークが得意な選手同士。戦いは我慢比べのようなジリジリした展開がずっとつづきます。ドロップショットで嫌がらせをしても、それを逆に拾われる。右に左に振り回しても、それに食らいついてきて逆に見事なリターンを決められる。そんな中、先に精神的に落ち始めたのがジョコビッチ。自分のミスを笑顔で拍手してみたり、首を何度も捻ってみたり、ラケットを放り投げそうな勢いで大きく振りかざしたり、上手くいかない感をカラダで表現します。

↓2-2で迎えた第5ゲームには、錦織さんは世界1位の攻撃を凌いで凌いで、スパーンと会心の一撃を叩き込む!


耐えた、凌いだ、粘った!

錦織がスーパーゾーンに入ってきたぞ!

迎えた第9ゲーム、錦織さんのサービスゲーム。サーブの確率をドンドン上げてきた錦織さんはノータッチエースを連発。ストロークの錦織だけでなく、鋭くハチのように指す一撃もあるサーブの錦織へ。王者に反撃の隙を与えず、ついにこの大会、初めてジョコビッチからセットを奪いました。

さぁ、ファイナルセット。2014年は何度もファイナルセットで鬼と化してきた錦織さんです。ファイナルセットでの勝率歴代ナンバーワン。第1ゲームは、まさにそんな鬼の姿も見えるようでした。ジョコビッチのサービスで始まった第1ゲーム、最初のポイントを深いクロスへのショットで奪うと、30-0、40-15と点差を広げ、ダブルのブレイクポイントを握ります。

ところがここで錦織さんは自分自身のエラーで大事なショットを、それもチャンスと思うような場面でのショットをネットに打ち込むことの連続。結局、自分からビッグチャンスを手放すようにして、錦織さんはこのゲームを落とします。すると落ち着きを取り戻したジョコビッチは、つづく錦織さんのサービスゲームをサクッとブレイク。錦織さんはダブルフォルトも喫するなど、自滅に近い内容でした。

勝負というのは恐ろしいもので、まだ1ゲームをブレイクされただけなのに、あの第2セットの全能感はあっという間に消え失せます。サーブはネットにかかり、ショットはトンデモないアウトになる。より厳しい攻めをしなければという想いが、自滅を誘ったかもしれません。勢いを失った錦織さんは、再び第1セット同様のワンサイドゲームに持ち込まれ、ゲームカウント0-2、0-3、そしてふたつめのブレイクで0-4へと、絶望的な差に広げられていきます。

↓2つめのブレイクを許したところで、錦織さんはサジを投げた!


ダブルフォルト!

コードボールが相手のチャンスボールになる不運!

王者相手に絶望的な2つめのブレイクを許す展開!

サジはもう投げられた!

【後払いOK】【2500円以上送料無料】仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本/千田琢哉

価格:1,296円
(2014/11/16 11:18時点)
感想(0件)



結局、その後再び流れが戻ることはなく、錦織さんは1-6でファイナルセットを落とし、今季の戦いを終えました。勝てる流れがあった、勝てる気がした一戦でした。しかし、その「惜しい」という気持ちこそが2014年の飛躍の証でしょう。見ている側が感じる以上に、やっている本人には「勝てたな」という感触があるはず。

勝てそうもない試合の善戦なら「惜しい」とは思いませんし、「悔しい」とも思わないもの。喜びのない善戦を世界1位相手に演じられるところまで錦織さんは来たのです。2015年はそういう段階の戦いをフルでやれるという喜びが待っています。4度のグランドスラムが待っています。大きな期待を胸に心待ちにしたいもの。過去の遺恨はすべて水に流し、僕も正座して1年を見守りたいと思います。

↓「5位のゴー!」のポーズで2014年を締めくくり!

来年は指の数を「グランドスラム1勝のイチ」、最低でも「4位のヨン」で頼む!

もしくは「いっぱい勝ちましたー、のブイ」とかで!

【CD】「サインはV」ミュージック・ファイル/TVサントラ [VPCD-81014] テレビサントラ

価格:2,621円
(2014/11/16 11:20時点)
感想(0件)



いい流れが来ている時に勝つこと、人生でも試合でもそれが重要です!