血液型診断のずさんなルーツ判明 古川竹二氏の論文はいい加減?

ざっくり言うと

  • 血液型性格診断のルーツとなった1927年発表の論文の内容を紹介している
  • 論文は親族わずか11人を対象に血液型と性格の関係を観察したもの
  • この論文に対して300以上の追試が行われたが、有効性は示されなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング