日本代表の岡崎慎司「外されれば、また点を取るために頑張るだけ」

写真拡大

 日本代表は15日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿6日目の練習を愛知県内で実施した。

 岡崎慎司は、前日に6−0で勝利したホンジュラス代表戦に先発出場したが無得点。日本代表歴代3位の39ゴールを誇るが、大勝でも不発に終わり、15日の練習後には「選手としてゴールを取れなかった試合は、いつもストレスが溜まる」と語った。

「アジアカップであったり、厳しい試合で点を取れば自信になると思う」という一方で、「点を取れなかったら、単純に自分が外されるだけなので」とも話す。

 所属するマインツでは、既に6ゴール。ブンデスリーガの得点ランクでトップタイに立っているが、ハビエル・アギーレ監督体制の日本代表ではノーゴールが続く。とは言え、「外されれば、また点を取るために頑張るだけ。今は出ているので、出ているということは、色んなことにチャレンジできる」と、得点への意欲は尽きない。

 日本代表は18日に、今年最後の国際Aマッチとなるキリンチャレンジカップ2014で、オーストラリア代表と対戦する。