W杯組並ぶ先発メンバー、唯一の若手FW武藤「もっと主張したい」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。吉田麻也と本田圭佑、遠藤保仁の得点で3−0とリードして前半を終えた日本は、後半にも乾貴士の2得点と豊田陽平の得点が生まれ、6−0と大勝した。乾と豊田は代表初得点だった。

 この試合に先発出場したFC東京の武藤嘉紀が試合を振り返っている。

 ブラジル・ワールドカップの主力がずらりと名を連ねるこの日の先発メンバーで唯一、ハビエル・アギーレ監督就任後に代表招集を受けた武藤は「もっと主張したいと思いますし、若手が出てくることによってチームを活性化させることもできると思うので、自分はしっかり続けたいなと思います」と語り、継続して結果を残し、チームにさらなる競争力を生むことを目論んだ。

 アギーレ監督には複数のポジションでのプレーを求められているが、「どこのポジションで試合に出たとしても、力を発揮しないといけないですし、そこに関して言い訳をしたくないです。FWで出てもサイドで出ても、自分がやるべきことは監督が求めるプレーをすることだと思ってます」と述べ、同監督とプレービジョンを共有し、高いクオリティを目指すと誓っている。