被災地でも今年一番の大雪

【ライブドア・ニュース 20日 東京】 − 気象庁の発表によると、20日午後6時現在、強い寒気の影響で21日にかけて、北日本から東日本、中国地方にかけての日本海側を中心に、広い範囲で大雪が降る恐れがある。
 
 同庁によると、日本上空に強い寒気が流れ込み、21日にかけて強い冬型の気圧配置が続く。21日午後6時までに予想される降雪量は、いずれも山間部の多い所で、東北地方の日本海側、北陸地方で50−70センチ、特に新潟県では90センチに達する見込み。

 新潟県中越地震の被災地では、雪の重みで家が倒壊するなど、降り続く雪の影響が深刻となっており、新潟地方気象台では「今年一番の大雪になる見込みで、影響が心配」と話している。

 また、北日本と北陸を中心に風が非常に強く、気象庁は暴風、高波への警戒も呼び掛けている。日本海側、太平洋側ともに陸上で13−18メートル、海上や岬で20−23メートル、波の高さは5−6メートルに達する見込み。【了】

ライブドア・ニュース 小木曽浩介記者