勝利を喜ぶフル出場の香川、自身ノーゴールには「取りたかった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。吉田麻也と本田圭佑、遠藤保仁の得点で3−0とリードして前半を終えた日本は、後半にも乾貴士の2得点と豊田陽平の得点が生まれ、6−0と大勝した。乾と豊田は代表初得点だった。

 試合後、ドルトムントの香川真司は得点に絡んだことについて「いいボールを出せてよかったと思います」とコメント。その一方で「自分も取りたかったです」と、無得点に終わった悔しさを語った。

 チームの勝利に関しては「今日はいいところがたくさんあってよかったと思います。前半から球際だったり、セカンドボールだったり、そういうところで戦っていたからこそ、こういう結果が出たと思います。チームとして、連動して戦えていました」と主張。今後に向けては「次のオーストラリアはアジアで一番守備の固いチーム。同じようにいい戦いができるかどうかわからないので、しっかり準備してやっていきたいです」と述べていた。