代表復帰弾の遠藤保仁、豪快ミドル「振り抜くだけでした」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。吉田麻也と本田圭佑、遠藤保仁の得点で3−0とリードして前半を終えた日本は、後半にも乾貴士の2得点と豊田陽平の得点が生まれ、6−0と大勝した。乾と豊田は代表初得点だった。

 試合後、ガンバ大阪の遠藤は自身のゴールシーンを振り返り「フリーだったので、振り抜くだけでした。まあ、いいゴールだったのかなとは思います」とコメント。また「ちょっと甘くなってしまいましたけど、ゴールはゴールなので。(チームの)3点目でしたし、勝負を決めるようなゴールを決められて良かったです」と喜びを示した。

 また、ハビエル・アギーレ監督下で初めてプレーしたことに関しては「うまくいかなかったところもありますけど、準備期間が短い割には、それなりにうまくできたかなと思います」と述べた。

 自身がプレーしていたこれまでの日本代表とは異なる布陣だったことについては「前線の飛び出しのタイミングや、ビルドアップの時の参加だったり、微妙なバランスが必要になってくるので、そのへんを注意しながらやっていました」と語っていた。