6失点大敗のホンジュラス指揮官「日本代表が完全に上回っていた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。日本代表が6−0と大勝した。

 試合後、ホンジュラス代表のエルナン・メドフォード監督は、「今日のようなスコアを前にすると、必然的にコメントは短くなってしまう」と語る。「今日は、日本が完全にホンジュラスを上回っていたと思う。我々は幾つものミスをした。日本代表はすべてにおいて、非常に良い試合をやったと思う」と振り返った。

「今日は戦う姿勢が足らなかった」という指揮官は、「これが自分の率いているホンジュラス代表の姿とは、にわかに信じられない内容だった。選手がピッチで披露した姿勢は良くなかった」と、大敗にうなだれるしかなかった。