2ゴールで結果を残した乾貴士「特長をもう少し出したかった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。吉田麻也と本田圭佑、遠藤保仁の得点で3−0とリードして前半を終えた日本は、後半にも乾貴士の2得点と豊田陽平の得点が生まれ、6−0と大勝した。乾と豊田は代表初得点だった。

 後半からピッチに立ち、2ゴールを決めたフランクフルトの乾は「2点取れましたけど、ラッキーな点でした」とコメント。その一方で「それ以外のプレーは納得していないし、まだまだだと思っています。自分の特長をもう少し出したかったです」とホンジュラス代表戦を振り返った。

 守備面に関しては「高徳(酒井)が指示を出してくれたから、やりやすかったです。しっかりプレッシャーをかけようと思っていました」と主張。また「ボールの受け方などは連係を高めていかないといけない。このチームに入って、まだ間もないのでしっかり合わせていきたいです」と、連係改善を課題に挙げていた。