代表復帰戦でフル出場の内田篤人、改めて「身が引き締まる思い」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が14日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。前後半3得点ずつを挙げた日本が、6−0と圧勝した。

 試合後、アギーレジャパンで初出場となったシャルケの内田篤人は、「楽しんでやれと言っていたし、勝つためにそれが大事なことだとも言われました」と試合前の監督の言葉を明かした。

 そして試合を振り返り、「今日は守備を安定させることを考えた。自分がボールを動かさなくても、十分回ると思ったし」と守備を意識していたことをコメント。先発はほとんどブラジル・ワールドカップを戦った選手たちだったが、「メンバーはザックさんの時と同じだったけど、戦術もポジションも違うから、全然違うものだと思ってやった。実際にやってて周りも違った」と感想をを語ると、具体的には「ヤットさん(遠藤保仁)が隣にいたりとか、そういうところが違いました」と説明している。

 ワールドカップ以来の代表復帰となった内田は、改めて「代表のユニフォームをずっと着させてもらって、嫌なこともいいこともいろいろあった。でもピッチに立っている以上、仕事をしないといけない。そういう意味でも身が引き締まる思いです」と代表でのプレーについても語った。

 日本代表は18日、アジアカップの開催国であるオーストラリア代表とヤンマースタジアム長居で対戦する。