もし100万円あったらどうする? みんなの運用・投資法

写真拡大

簡単に給料が増えない時代、自己保身のためにも、投資スキルはあって損はないですよね。そこで今回は、投資に対する意識調査を実施! もしも100万円を運用できるとしたら、どんな風にしたいですか? 働く女性たちに聞いてみました!

■ローリスク・預金で運用

・「定期預金を利用したいと思います。リスクがほぼないからです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

「どれだけ増やせるか」よりも「どれだけ減らさないか」を重視! 定期預金という堅実な女子も。

■プロに運用を任せる

・「うまく資産運用してくれる会社に預けます。自分ではどうにもできないと思うので」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

今でも非常に忙しいのに、投資や運用を積極的に考えるのは、正直面倒……。プロに運用を任せるのもひとつの手ですね。

■バランス重視

・「株と外貨とか安定したものと不安定なものと分けて使ってみる」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「株主優待のある銘柄と、安定していそうなローリスクの投資信託を買って運用したい」(28歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

自らのスタイルに合わせるため、またリスク分散のために、100万円を分けて運用。少々面倒な気もしてしまいますが、リスクヘッジは資産運用の基本です。賢い方法だと言えそうですね。

■ハイリターンの投資

・「自分のお金ではしないような運用をしてみたい。自分のお金だと怖くて使えないので」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「株投資。10%から20%ずつ増やして3年で1,000万にしたい」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「外貨の貯蓄型の保険。今の利率だと定年まで放っておけば、約3倍になっているので」(26歳/その他/営業職)

リターンを重視して運用するためには、まずは勉強が大切。必然的にリスクも大きくなりがちなので、大胆かつ慎重に行うのがベストでしょう。

■こんな意見も……

・「運用はしないで、そのまま貯金したいです」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・「繰り上げ返済してその分利息を浮かす」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

投資するよりも、むしろ今の生活に根づいた、堅実な方法を選択したい……という意見もありました。どんな方法がベストなのかは、それぞれの状況によっても異なります。ファイナンシャルプランナーなど、専門家に相談してみてもいいかも。

みんなの夢の運用方法を紹介しました。もしも100万円を自由に運用できるなんて機会に恵まれたら、あなたならどうしますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数249件(22歳〜34歳の働く女性)