エイベックスのリスクは東方神起の兵役入隊!? 歯に衣着せぬアナリストが人気株20を一刀両断!

写真拡大

業績絶好調、新製品での競争激化、業績の下方修正など株価への注目必至の20銘柄を迷いなき楽天証券経済研究所アナリスト、今中能夫さんが斬る! *太字の銘柄名をクリックすると最新の株価チャートがご覧になれます。

無配転落のソニーを待つ実は明るくて面白い未来

 9月17日、ソニー(6758)が通期の業績予想の下方修正と無配転落を発表。スマートフォンの失敗がその大きな要因で「ソニーにはかつての輝きはない」と見限った個人投資家も多く、その結果、株価は急落。

 では、私はソニーをどう評価しているのかと言えば、ズバリ、今こそ「買い」。ソニーは見る角度によってまったく違う顔を持っています。ソニーの財務諸表は「今やソニーは映画と音楽と金融の会社」だと強く訴えているのです。

 特に映画と音楽の角度から見ると、光り輝く宝石のように見えます。なぜならソニー・ミュージックエンタテインメントは世界市場において1位のユニバーサル・ミュージックに次ぐ2位。さらに映画では、制作費数百億円をかけた超大作を全世界に配給できる力を持つ「ハリウッドメジャー」の7社の中堅にソニー・ピクチャーズエンタテインメントがランクイン。世界的な音楽と映画の会社を持つのは世界でソニーだけです。

自動車や住宅関連で生き残るパナソニック!

 こうした世界的なエンタテインメント会社を買収しようと思えば1兆円単位の資金が必要です。ソニーは音楽部門と映画部門で各約2兆円、合わせて約4兆円もの企業価値があると思われます。ところが今のソニーの時価総額はたった2兆円。このギャップをどう見るか。答えは言わずもがなです。

 一方でパナソニック(6752)は、コア事業は有望で中長期での投資としては「買い」。自動車と住宅への製品の組み込みがうまく進んでいることを評価します。

 さて、9月の社債の償還を乗り越えたシャープ(6753)はどうか。シャープは損益計算書の中身が問題。内容が不明な営業外損失が多すぎ、これでは液晶の営業利益が回復しても最終利益は増えない。不透明な点は多いですが、スマートフォン向け液晶パネルの需要が増加しているので、これはポジティブにとらえてよいでしょう。

独走だったパズドラを追い上げるモンスト

 今のゲーム業界はガンホー(3765)、ミクシィ(2121)、コロプラ(3668)の3強の世界です。この中でオススメは株価は急騰しましたがミクシィです。

 課金売上高で見ると、これまでガンホーの「パズル&ドラゴンズ」が独走状態でしたが、9月に入るとミクシィの「モンスターストライク」がトップになる日も多くなり、モンストがパズドラを抜き去る日も遠くないでしょう。

 現在、スマホを利用者は約6000万人、その約半数がパズドラをダウンロードしていますが、課金が伸びなくなっているようです。一方、モンストは使用が活発で課金も伸びており、この勢いがこの先2年続くこともあり得ます。

1本頼みのミクシィか、多数を配信のコロプラか

 ただ、ミクシィはモンストの1本頼みなので、この点をリスクと感じる個人投資家は多くのゲームを配信しているコロプラを買っています。コロプラの予想PERは30倍超、ミクシィは20倍台なので、コロプラのほうが買われているのがわかります。

 一方でグリー(3632)やDeNA(2432)はどうなのか。言ってみればこのグリーやDeNAにアンチテーゼを投げかけたのが、平均1万円以下でゲームが楽しめるガンホー、ミクシィ、コロプラ。グリーもDeNAも課金額が高すぎますが、ミクシィは適正水準に抑えています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)