代表復帰で強烈ミドル弾…遠藤保仁「アピールしなきゃいけない立場」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。吉田麻也と本田圭佑、遠藤保仁の得点で3−0とリードして前半を終えた日本は、後半にも乾貴士の2得点と豊田陽平の得点が生まれ、6−0と大勝した。乾と豊田は代表初得点だった。

 試合後、遠藤が勝利を振り返った。

 アギーレ監督下で初招集、インサイドハーフの位置で先発出場した遠藤は「ゴールもたくさん生まれたし、良い形もたくさん出たと思う。非常に良かったと思う」と大勝を振り返った。

 アルベルト・ザッケローニ前監督体制の時よりも少し前のポジションに入ることについては、「基本的には自由に動いているが、よりゴールを意識したプレーを増やしていきたいと思っています。攻撃は楽しいですし、守備に追われる時間よりも前に行く方が楽しいので」と、話した。

 強烈なミドルシュートを突き刺した自身の得点シーンは、「本田もよく見てくれていたし。珍しいゴールかなと思いますけどね」と話し、「前に人数をかけ過ぎても(よくない)と思っていたので、バランスよく、いろいろなところからシュートを打てるポジショニングを取ろうと思っていた。たまたまですけど、良いゴールだったと思います」と振り返った。

 そして、「僕自身はまだまだアピールしなきゃいけない立場。年齢は関係ないと思っているので、この調子を最低限維持しながら、さらにコンディションやパフォーマンスを上げていきたい」と今後を見据えた。

 日本代表は18日にオーストラリア代表と対戦し、来年1月のアジアカップに備える。