アギーレJで初出場、主将務めた長谷部「とにかく頭を使ってプレー」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。吉田麻也と本田圭佑、遠藤保仁の得点で3−0とリードして前半を終えた日本は、後半にも乾貴士の2得点と豊田陽平の得点が生まれ、6−0と大勝した。乾と豊田は代表初得点だった。

 試合後、長谷部誠が勝利を振り返った。

 アギーレ監督の下で初出場、キャプテンマークを巻いて先発した長谷部は、「良いところも修正しなければいけないところもあった。これから細かいところを見ていきたい」と第一声。「ブラジル・ワールドカップで応援してくださった方々を内容、結果ともに失望させてしまった。またもう一度自分たちに期待してもらえるようにやっていこうと。新しいスタートを切って、という形で。今日は(チームとして大量)点も取れたし、良かったと思う」と振り返った。

 アンカーでの先発出場となったことについては「慣れないポジションでしたけど、とにかく頭を使ってプレーしました」と振り返り、「今日はチーム全員でしっかりコミュニケーションをとってやれたと思う。若い選手もたくさん入ってきている。そういう選手たちとともに日本サッカーを良くしていきたいと思います」と今後の抱負を語った。

 日本代表は18日にオーストラリア代表と対戦し、来年1月のアジアカップに備えることとなる。長谷部は「オーストラリアはアジアカップでもライバルになる国だし、しっかりとした内容と結果を求めてやっていきたい。個人的には(代表に)選ばれることが大事。この試合とオーストラリア戦が大事になってくると思うし、チームとしてはもう一度、アジアの頂点を目指してやっていきたい」と語った。