小笠原諸島・西之島 活発な噴火活動がつづき1年で面積8倍に

ざっくり言うと

  • 噴火を続けている小笠原諸島・西之島を、日テレのカメラが撮影した
  • 島の面積はこの1年で8倍ほどになり、14日も白い噴煙が確認できる
  • 直径200mの新しい島は、活発な噴火活動が続き、溶岩が海に流れ込んだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング