写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東北大学と東芝は11月14日、日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ」を共同開発したと発表した。

両社は2013年8月にヘルスケアビックデータ研究に関する連携・協力に関する協定を締結して以来、医工学連携の下で取り組んでいく様々なヘルスサイエンス分野の研究知見と、東芝が持つセンシング技術やヘルスケアクラウド技術を統合して、各個人の生体情報とライフスタイル情報に基づく、心身の健康管理を行う社会構築に向けた研究を進めてきた。

「ジャポニカアレイ」は、日本人ゲノム情報を高精度かつ低コストで解析可能とする遺伝子解析ツール。東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)が同定した日本人に特徴的な約67.5万カ所のゲノム情報を1枚のチップに搭載してワンステップで解読することができる。

今後、個人の疾病リスクやより個人の体質にあった有効な薬剤の選択、個々人のゲノム情報ならびにライフセンシングデータ装着型ガジェット等のビッグデータを統合化して活用するヘルスケアサービスなどに展開できるよう、研究が進められるという。