『超兄貴』のメサイヤブランド全ゲームソフト著作権をエクストリームが獲得

写真拡大 (全2枚)

 ゲーム事業を展開する株式会社エクストリームは、日本コンピュータシステム株式会社が保有する、ゲームブランド『メサイヤ』にかかる全てのゲームソフトの著作権について、譲渡(譲受)契約を締結したと11月14日発表した。

【関連:エクストリームスポーツ『エロ本隠し』とは】

 『メサイヤ』は、1980年代よりPCエンジン、スーパーファミコンなどの家庭用ゲーム機において人気を博したブランド。
発売された数は100を超え、ブランド創設から20年超経過した現在でも、ゲームファンの根強い支持を獲得している。

 株式会社エクストリームは、日本コンピュータシステム株式会社と『メサイヤ』コンテンツに関する商標と著作物の利用について代理店契約を締結しており、これまで様々な展開を行ってきた実績がある。

■メサイヤブランド主要作品
・超兄貴 シリーズ
・ラングリッサー シリーズ
・改造町人シュビビンマン シリーズ
・重装機兵(レイノスヴァルケン) シリーズなど