安倍首相が推薦文を寄せた『わが祖国日本への戀文』。著者のブログはヘイトスピーチの嵐だった!

写真拡大

 あまりに大義のない解散劇。マスコミはすっかり安倍政権の情報操作に乗せられ、選挙モードに突入しているが、だとしたら、われわれはなおさら、この間、安倍政権がやってきたことを再確認しておく必要があるだろう。

 連中にどんな疑惑がもちあがったのか。連中がどんな思想をもち、どんな危険な政策を進めようとしていたか。

 とくに、うやむやにしてはならないのが、極右・ヘイト勢力との関係だ。第二次安倍政権では、山谷えり子拉致問題担当相兼国家公安委員長、高市早苗総務大臣、稲田朋美政調会長など、複数の閣僚にヘイトスピーチ団体の在特会やネオナチとの関係が次々浮上したばかりか、安倍首相自身にも在特会元幹部とのツーショット写真が出回った。

 彼らは一様に「そういう団体の関係者だとは知らなかった」と弁明していたが、これは明らかなごまかしであり、安倍政権とヘイト極右団体の癒着は構造的なものだ。

 実際、最近も新たに、安倍晋三とヘイト極右活動家の関係を物語る情報が飛び出している。

 昨年3月、安倍首相はある自費出版本に推薦文を寄せた。『わが祖国日本への戀文』という本で、著者は奈良県吉野にある吉水神社の宮司・佐藤一彦氏。吉水神社は世界遺産にも登録された由緒正しい神社だ。

 この本の巻頭2ページに、安倍首相が「推薦のことば 安倍晋三」というタイトルの文章を寄せ、こう佐藤氏を絶賛している。

〈「戀文」は、佐藤宮司の魂の日記ですが、戦後失われた「日本人の誇り」をテーマとして、自分の国は自分達が守らなければならないという強い意志を感じます。世界一の日本人、世界一の国家をめざして進むための道標となることと思います〉

 佐藤氏は山口県小野田市出身で、安倍首相と同郷だというが、現役の首相が個人の書籍にここまできちんとした推薦文を書くというのは、相当に親しい関係だと推測される。

 ところが、今週発売された「サンデー毎日(毎日新聞社)11月23日号の「『ヘイトスピーチ神社』過激暴言!」によると、この安倍首相が絶賛する佐藤宮司は、右派市民団体の会長を務めており、過激なヘイトスピーチを発信している人物なのだという。

 佐藤氏は「世界遺産の吉水神社から『ニコニコ顔で、命がけ!』」というタイトルのブログを開設しており、『わが祖国日本への戀文』はそれをまとめた本なのだが、このブログが世にもおぞましいヘイトスピ―チのオンパレードなのだ。

「サン毎」は、佐藤氏がこんな文言を書き綴っていたと指摘する。

〈共産支那はゴキブリと蛆虫、朝鮮半島はシラミとダニ。慰安婦だらけの国〉
〈『中国人を皆殺しにしよう』と発言! 『よく言った』と世界から拍手!〉 
〈日本人で韓国に観光に行ったり、韓流ドラマや韓国人の歌を聴く者は『馬鹿かアホ・ボケ・カス・スカタン』しかいなくなった〉
〈(中国人が)わが国を食いつぶす日は近いと思います。ダニも最初に退治しないとどんどん増殖します〉
〈支那人は『世界一汚い民族』だと、日本人は思い始めた!〉
〈韓国人は整形をしなければ見られた顔ではない〉

 由緒正しい神社の宮司が「ゴキブリ」や「蛆虫」など、ナチスと同じ人種差別発言を繰り返し、中国人のジェノサイド(大量虐殺)を肯定する発言までしていたのである。

 また、編集部でブログを確認してみたところ、「サン毎」がとりあげたブログ記事はほとんど消去されているか閲覧制限がかけられているようで、見ることができるものは少なかったが、それ以外にもこんな文章がまだいくつも残っていた。

〈世界が知っている 「澄み切った目=日本人」 「狡猾な目=韓国人」 「凶暴で油断できない目=中国人」(中略) いくら「整形」してもすぐに見破られる国民性〉(2014年1月17日)

〈韓国人の整形は 「コンプレックス民族だから」しかたがない だが・・・中年から顔が崩れる。 生まれた子の顔は、他人に似ている。 韓国人は「恨み」「妬み」「劣等感」の暗い性格だ。だから、死ぬまで自分の顔に満足しない・・ 作り変えては崩し 造り替えては崩し、 創り代えては崩す。 整形外科医は儲ける・・乱立する〉(2014年1月30日)

〈今では中国や韓国を訪れる日本の若者は「馬鹿かキチガイ」だけになってきた。〉(2014年2月19日)

〈「アンネの日記」を破って喜ぶのは、「中国・韓国人」か? この悪質な犯罪の目的は 「日本の信用」を失わせようとする 怨恨的犯行である。〉(2014年3月1日)

〈韓国人が「プーチン殺せ」のネットロシア軍の報復 ロシアのプーチンを叩きつけた韓国民に ロシアはミサイル攻撃で応えるだろう! そうしないとプーチンは物笑いにされる(中略) ロシアと韓国が戦争しても日本は韓国を見捨てる。 多くの日本人は韓国と国交を断絶したいと願い・・・ ロシアのミサイル攻撃を応援するだろう。(中略) プーチン氏はもっと怒るべきだ!〉(2014年3月1日)

 もう十分だろう。韓国人や中国人の容姿や性格を侮蔑表現で攻撃し、犯罪を無根拠に中国、韓国になすりつけ、あげくはロシアに韓国へのミサイル攻撃を求める......。しかも、「サン毎」によると、この宮司は在特会の活動を紹介・擁護し、一方、在特会側も佐藤宮司が会長をつとめる右派団体のデモを告知するなど、同調している可能性があるという。

 佐藤宮司は「サンデー毎日」に対して11月12日のブログで〈取材もせず想像や伝聞で記事を作られた(中略) 「言論の自由」を大きく侵害し 公共の福祉に反することのない個人の日記にまで 報道機関が「基本的人権」の侵略行為は 断じて許せません(中略) サンデー毎日に対して 弁護士をたてて 1億3、000万円の損害賠償を求める予定です〉と反論しているが、少なくとも佐藤氏の発言のいくつかが人種差別撤廃条約に違反し、国際社会の定義するヘイトスピーチにあてはまることはまちがいない。

 そして繰り返すが、安倍首相はこんな発言をしている人物を「魂の日記」「戦後失われた日本人の誇りをテーマ」「自分の国は自分達が守らなければならないという強い意志」と絶賛しているのだ。「サン毎」も指摘しているように、国際社会から「安倍首相もヘイトスピーチを支持している」と受け取られてもしかたがないだろう。

 いや、というより、安倍首相や首相に近い政治家たちは、実際にこうした極右ヘイト勢力とずっと蜜月の関係を築いてきた。選挙の際には彼らから支援を受け、彼らの主催・動員する集会に嬉々としてかけつけ、講演を行ってきたのだ。

 それは、在特会やネオナチにかぎらない。安倍首相は政治団体「神道政治連盟国会議員懇談会」の会長をつとめているが、この政治団体の母体である神社本庁は国家神道、祭政一致をめざす極右団体で、この組織には佐藤宮司と同じ思想をもった宮司がたくさんいる。さらに、安倍首相やオトモダチの政治家は統一教会や生長の家のようなカルト的右派思想をもつ宗教団体から支援を受け、その集会や布教活動に協力してきた。

 これはけっして偶然ではない。ようするに、安倍政権自体が国際社会で問題になっているヘイトスピーチ団体とほとんど同じ思想をもち、極右思想を掲げる組織と一体になっているからこそ、こうした癒着が起きているのである。

 今回の総選挙の争点はけっしてアベノミクスの評価だけではない。何よりもまず、この極右ヘイト政権を阻止できるかどうかが問われていることを忘れてはならない。
(エンジョウトオル)