いたれりつくせりの「イナダインスパイア INS-10000」

写真拡大

マッサージチェア大手、ファミリーイナダ(大阪市)は2014年11月13日、東京都内のホテルで、1962年の創業、66年の会社設立以来50周年となることで取り組んでいる開発プロジェクトについて発表を行った。半世紀の集大成である新型モデルや、リースにより市場拡大を目指す業界初の新規ビジネスを展開するという。

従業員の健康管理で新たな需要掘り起こし

ファミリーイナダが「半世紀の集大成」として15年4月に送りだすのは「メディカルチェア イナダインスパイア INS-10000」。 「首肩専用」「背中・腰専用」2つに分かれて同時にマッサージする「デュアルメカ・シンクロシステム」を、業界で初めて開発した(14年11月時点での同社調べ)。

「ストレス解消コース」「ストレッチコース」「姿勢調整コース」一般的なメニューのほか、問診によりコースを推奨する「肉体疲労回復コース」など、チェア利用者のニーズに応えるよう豊かなアイデアと細かいサービスを組み込だという。

同製品の発表に先がけて、同社が大学などと12年間、産学共同で研究に取り組んだマッサージ器による効果についての研究成果が発表された。

マッサージチェアは多機能であるほど高額で、個人ではもちろん法人でも購入には慎重になるのが一般的だ。このためファミリーイナダではあらたに「リース形式導入」を決め、これを新たな販促戦略とすることを発表。14年6月に国会で成立した改正労働安全衛生法の一部(ストレスチェック制度)が15年12月から施行されることになっており、企業による従業員の健康管理をめぐってさまざまな需要が掘り起こされるとみられている。

同社では「イナダインスパイア INS-10000」について、月額1万5000円での6年リースなどを計画している。