LEGO、2つの「ユーザーが考えた」新シリーズを発表

写真拡大

LEGOは、ユーザー企画サイト「LEGO Ideas」(旧称「LEGO CUUSOO」)で発売が決まった新しいセット2つなどを発表した。10,000票以上の人気を集めた作品群を動画で紹介。

LEGOはこのほど、ユーザー企画による新しいセットのシリーズを2つ発表した。

「LEGO、2つの「ユーザーが考えた」新シリーズを発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

この企画「LEGO Ideas」(旧称は「LEGO CUUSOO(空想)」で、2014年5月に名称等が変更された)では、ユーザーが製作した作品に、ファンたちが投票できる。投稿後1年以内に10,000票を獲得した作品は、LEGO社による審査に進む。デザイナーやマーケティング担当者、顧問弁護士で構成されたLEGO社の委員会が、製品化するかどうかを決定するのだ。

LEGO Ideasのピーター・エスパーソンは、YouTubeに公開された動画(冒頭に掲載)で、今回販売が決まったセットは2つ、検討中のセットは4つあると紹介した。


TAG

Back to the FutureIdeaLEGOVideoWiredUK
販売が決まったひとつは、米国の人気ラブコメドラマ「ビッグバン☆セオリー ギークなボクらの恋愛法則」のキットだ(ルービック・キューブやDNAの模型スタンド、レゴで作られた「スター・ウォーズ」のデススター、ホワイトボードなど、ギークたちに欠かせない小道具も揃えてある)。

もうひとつは、細かいところまで本物の鳥を再現した、教育志向の「LEGOバード・プロジェクト」だ。

どちらも発売は決定しているが、価格設定や最終デザイン、発売日は未定だという。

検討中の4つのうちひとつは、Appleブランドへのこだわりをブロックで表現し「モジュラー・アップル・ストア」。

あとは、英国のSFドラマ「ドクター・フー」から2つ。何度も再生するドクターとコンパニオンのセットと、装置ターディス(TARDIS:Time And Relative Dimension In Space の略)に力点を置いたキットだ。

最後に、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』に登場する蒸気機関車ジュール・ヴェルヌ号(バック・トゥ・ザ・フューチャーについては、すでにUniversal Pictures社と提携して「デロリアン」を発売しているので、少なくとも著作権クリアは簡単だと思われる)。

動画の最後でエスパーソン氏は、次回の審査に進む資格(10,000票以上を獲得)を得た「素晴らしい8作品」も紹介している。映画『バットマン』シリーズのウェイン邸、映画『X-MEN』シリーズのXマンション、Pixar社の映画『ウォーリー』の主人公ロボ、ウォーリーなどだ。これらは今後、LEGO社の委員会で審査される予定だ。

※CUUSOOはもともと、Lego社と、ユーザーが提案する商品を製品化する「空想生活」サイトを運営するCUUSOO SYSTEM(本社東京都)のコラボレーションにより、日本で始まったプロジェクト。これまでに、本文中にあるデロリアンのほか、「しんかい6500」や小惑星探査機「はやぶさ」(日本語版記事)、NASAの「Mars Science Laboratory Curiosity Rover」など、6つほどを製品化してきた

TAG

Back to the FutureIdeaLEGOVideoWiredUK