未来を描くヒントは「マンション」にある:ミライマンションミーティング、11/26開催

写真拡大

東京23区の総世帯数のうち、実に47%がマンション住まいで占められている。世界でも人口の半分が都市に住むようになり、画一的な集合住宅から、未来に向けた新たな都市造りの核へと変化させようとする取り組みもはじまっている。11月26日、建築家の藤村龍至やチームラボの猪子寿之らをゲストに「新たなマンションの在り方」を再定義しようと開催されるシンポジウム「Mirai Mansion Meeting」は、生活そのものの未来を捉え直す格好の機会になりそうだ。

「未来を描くヒントは「マンション」にある:ミライマンションミーティング、11/26開催」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本全体では人口が減っているが、東京都心部ではいまも人口増加が続いている。東京オリンピックの開催や、高齢化が進む人口構成の変化は、都市機能にも大きな影響を与えようとしている。

だからこそ、最も身近な住居形態を見直すことで見えてくる未来が、ある。建築家の藤村龍至やチームラボの猪子寿之らをゲストに、「新たなマンションの在り方」を再定義しようと開催されるシンポジウム「Mirai Mansion Meeting」(詳細はこちらから)は、生活そのものの未来を捉え直す格好の機会になりそうだ。11月26日の開催を前に、予習がてら、世界の「住居」に何が起きているのかを見てみると、多様な方向性が示されていることがわかる。

グリーン、高密度、移動機能

2011年、世界の人口は70億人に達したと発表された。コロンビア大学のヴィシャーン・チャクラバーティー准教授の計算によると、世界中すべての人が「長屋」に住めば、テキサス州の面積(約70万平方メートル)におさまるのだという。実際にはそれでは都市機能どころか普通の暮らしも満足に営むことはできないが、すでに2008年には人口の半分が都市に集中しており、大都市は深刻な住宅難を抱えている。

解決策のひとつとして、パリやロンドン、ヴァンクーヴァーといった大都市では、日本のワンルームマンションと似たような、生活機能をコンパクトに凝縮したマイクロ・アパートメントが次々と登場している。サンフランシスコが計画した部屋は、220平方フィート(20平方メートル)というサイズで、住宅の高騰に悩む人たちを救う一方、低所得者層のスラム化を進めるのではないかとも懸念されている。

先のチャクラバーティー准教授は、21世紀の都市機能には、グリーン(自然)と高密度と移動機能が必要であるといい、世界の大都市で都市機能と住環境を共に見直すプロジェクトが始まっている。

例えば、ニューヨークのハドソン・ヤーズの再開発では、職住接近型の構想ウォーターフロントマンションを建築する計画が進められている。古いショッピングモールを再利用して予算を抑え、二層構造の建物は地下まで太陽光が射し込むよう階段状に設計されている。

また、ロングアイランドに建築予定の37階建ての公共住宅は、工場でつくった部屋のモジュールを組み上げるというアイデアで、世界最高の高さになるという。いずれもニューヨークの中心地に近く、新たな地域コミュニティの形成にもつながると期待されている。

SmartSpaceの、285平方フィート(26.5平方メートル)の部屋のフロアプラン。Image courtesy of Patrick Kennedy

北欧では、単身世帯が4割を超えており、血縁に頼らない多世代が同じ場所に住む居住形態が生まれるなど、マンションが新しいコミュニティの核となりつつある。そこで大事になるのが、人々が住みたくなる都市としての利便性である。デンマークのコペンハーゲンに建築された、全戸が部屋まで直接移動できる自転車用スロープ付きの10階建てマンションはその好例だ。

日本では、住設備や間取り、環境面では先進的なマンションがいくつもあるが、震災以降は、都心でも人のつながりの大切さが見直され、集合住宅やマンションにもコミュニティとしての機能が求められつつある。これまでの情報も、間取りや住設備、環境といったハード面ばかりだったが、これからは人々がつながるためのソフトやアプリケーションが用意されているかも重視されていくだろう。

そのための情報交流もこれからで、11月26日に開催されるMirai Mansion Meetingは、その最初の機会になるかもしれない。3つのセッションで構成されるイヴェントでは、建築家やマンション開発の専門家から、現在の都市とマンションの関係についての話を聞けるだけでなく、テクノロジーやデザイン、生活者と共に、マンションに必要とされるイノヴェイションとは何であるかを考え、参加者同士で語り合う場が設けられる。

Mirai Mansion Meeting

詳細・お申し込みはこちら

日時:2014年11月26日(水)18:30〜21:30 (受付開始18:00)
場所:日本橋三井ホール
定員:300名(先着順、定員に達し次第締切)
参加費:無料

主催
三井不動産レジデンシャル株式会社、三井不動産レジデンシャルサービス株式会社、サステナブル・コミュニティ研究会

プログラム
SESSION1
未来の都市をマンションから考える
登壇/藤村龍至(藤村龍至建築設計事務所代表)、藤林清隆(三井不動産レジデンシャル社長)、岩田龍郎(三井不動産レジデンシャルサービス社長)

SESSION2
マンションの新しい捉え方
登壇/蛯原英里(ena AMICE代表)、猪子寿之(チームラボ代表)、筧裕介(issue+design代表)

SESSION3
ミライマンションミーティング(ワークショップ)