妖怪ウォッチの常設脱出ゲーム、“ヨーカイパッド”手に赤鬼に挑め。

写真拡大

ナムコは11月28日、東京・池袋のテーマパーク「ナンジャタウン」に、「妖怪ウォッチ」を題材とした常設の新アトラクション「妖怪ウォッチアトラクション 鬼時間脱出大作戦」をオープンする。

「妖怪ウォッチアトラクション 鬼時間脱出大作戦」は、小型端末機となる“ヨーカイパッド”を手に、こどもたちの悪夢となる“鬼時間”の中で様々なミッションを乗り越え、ジバニャンたち“ともだち妖怪”と共に脱出を目指すウォークスルー型脱出アトラクション。

参加者は「妖怪ウォッチ」の世界に入り込み、“ヨーカイパッド”を使い、赤鬼に見つからないよう、「音を出すな!」「光を避けろ!」など、体を使う7つの仕掛けに挑みながら施設内を進んでいく。最後には赤鬼との直接対決が待っており、体を使ったアクションと“ヨーカイパッド”が連動した遊びで赤鬼に挑む――という内容だ。

また、11月28日(金)〜2015年1月7日(水)の期間は、新アトラクション登場を盛り上げる「妖怪ウォッチ」イベントも同時開催。キャラクターをモチーフにしたデザート&フードや、イベント限定景品がもれなくもらえるゲーム屋台「続コマさんのひとだま乱舞!!」、妖怪ウォッチのグッズコーナーも登場する。