『HILL CLIMB GIRL』(c)2014 nihon animator mihonichi, LLP.

写真拡大

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」などを生み出してきたアニメ制作会社・カラーと、「niconico」などを運営するドワンゴによる、共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第2弾作品『HILL CLIMB GIRL』が公開された。

フル3DCGアニメーションで制作された、本編6分ほどの作品となっている。

庵野秀明・安野モヨコ夫妻を描いた『監督不行届』のアニメ版などを手がけた谷東さんが監督、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの宮城健さんが3Dディレクター、『キルラキル』の一部原画などをつとめた米山舞さんがキャラクターデザインを担当している。

自転車の細部まで描かれたフル3DCG!


HILL CLIMB GIRL


ストーリーは、自転車好きの女子高生・ひなこが、毎朝、坂の上の学校まで競争して連戦連敗中の同級生の男子を相手に、憧れの選手のレース映像からヒントを得て翌朝の勝負に臨む、というもの。爽やかな青春の1ページを綴られている。

自転車のスポークや、ギアのひとつひとつまで、細部にわたって行われた3Dモデリングをはじめ、自転車が駆け抜ける音を忠実に再現するなど、ロードバイクの疾走感が、突き抜けるような青空のもと、見事に描かれている。

HILL CLIMB GIRL



声優は、「日本アニメ(ーター)見本市」の全作品を2人で担当すると発表されていた通り、ひなこほか女性キャラの役を林原めぐみさんが、同級生の男子らの役を山寺宏一さんがつとめている。

制作秘話が明かされるニコ生も放送!


11月17日(月)22時からは、ニコニコ生放送「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」にて、谷東さん、宮城健さんをゲストに、解説や制作秘話など本作にまつわるトークが放送される。

前回の第1弾作品『龍の歯医者』でも、アニメーション監督・鶴巻和哉さんらが登壇し、作品の裏側を語る貴重なトークが繰り広げられ、視聴者から大変評判が良かっただけに、今回の放送も必見だ。