関西のサバゲーチームが開催した『漢のはだか祭り』が色々すごい

写真拡大

 関西を拠点に活動するサバイバルゲームチーム『バーンズシティ』のイベントゲーム『漢のはだか祭り』の様子が先日ネット上を駆け巡っておりました。

 バーンズシティは、月1回のサバイバルゲームを開催しているほか、ゲームのすそのを広げたいとして、いろんなイベントゲームを考え、未経験から熟練プレイヤーまで幅広く楽しめる企画を定期的に催しています。

【関連:東京電機大学旧校舎跡地がサバゲーフィールドに―敷地総面積約1200坪】

『漢のはだか祭り』の様子

 話題になっている『漢のはだか祭り』は、先日開催された『第3回 BARNS市民祭り』という約半年に1度行われる、大規模なイベントの中で行われたもの。
主催者曰く「ネタに塗れすぎてる笑いに溢れたサバゲーがしたい」という思いから企画されたのだそう……。溢れすぎですよ!

 当日は60人ほどが集まり、ごらんの通りのオム一(オムツ一枚)もしくは、パン一(パンツ一枚)となり、女性の場合はTシャツなど洋服着用可のルールで行われたそうです。
ちなみに特別ルールによるとヒットの条件は「痛い」と弱音を吐いた時。ただ、参加者はおむつに願い事を書き玉が当たれば当たるほど「願いが叶う」というルールもあったとのことで、当日皆さんはあちこち走り回って被弾後が大変なことになってしまったそうです。

 当日の参加者の中には、「当たる覚悟だから」と最初から覚悟を決めて挑んだ人から、いざオム一になると「とにかく寒い!」といきなり弱音を吐く人まで様々だったとか。
ただ皆さん一様の感想としては「笑いの絶えないサバゲーで最高でしたね!」とのことでした。

『漢のはだか祭り』の様子

 なお、『第4回 BARNS市民祭り』は次回、2015年3月21日春分の日に予定されているそうです。詳細についてはバーンズシティ公式ブログで随時発信されています。参加を希望する方は、公式ブログにある問合せフォームから連絡してみてください。

協力:
バーンズシティ(ブログ:http://barns.militaryblog.jp/
まりりんこと坂本真理(Twitter:@purizum81