JAバンクのちょリスが『みかんアート』で“鳳凰”に挑戦

写真拡大

 昨年末ネットを賑わせた『みかんアート』。人型に剥かれたみかんの皮に、人気キャラクター型に剥かれたみかんの皮など、Twitterを中心に一時爆発的に人気を集めていました。
それに約1年遅れてJAバンクのキャラクター『ちょリス』が挑戦した動画が公開されています。

 こたつの前に座るちょリスが、大きすぎる手でチマチマみかんをちぎり、最後にドヤと鳳凰型のみかんの皮を披露。
あまりに完成度が高いので一瞬「すげーーーー!」となってしまいますが、ちょリスが本当に剥いたかは疑問。だって明らかに手が大きすぎて剥きにくそうなんですもの。しかし、鳳凰に切り取られた『みかんアート』の完成度は異常に高く、それだけでも一見の価値ありだと思います。

【関連:JA『ちょリス』、変わらずのコメントしづらい動画を新作5本も公開】

こたつに座るちょリス

 この動画は先日開設された『ちょリスオフィシャルサイト』で配信されている新作ウェブ動画17本のうちの1本。
それまでちょリスは、JAバンク公式サイトの一コンテンツとして展開していましたが、人気があっての影響か、今回の動画のようなJAバンクのPRに役立ちそうにない活動ばかりしているせいなのかは不明ですが、とにかく“独立サイト”になってしまったそうです。

 17本の新作動画は他にも、能の舞台で舞いを踊るちょリスや、食パンを咥えた女子校生と道ばたでぶつかる変な動画、ほほぶくろに重しをのせて筋トレならぬ“ほほトレ”するちょリスと、相変わらずJAバンクのPRに役立ちそうにない動画ばかりが公開されています。
以前も「迷走するちょリス」と少し話題になっていましたが、今回もぶれずに迷走まっしぐら。いや、嫌いじゃないですけどね、こんなちょリス……。