写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都千代田区で12月11日、第4回マイナビニュースITサミット「大企業のための情報漏洩対策セミナー〜情報漏洩が起こる事を想定した対策を講じる〜」が開催される。

昨年開催された第1回目では、「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」と題し、最新の脅威動向と企業が行うべき対策について各分野のエキスパートよって紹介された。第二回目では、今年の7月、大規模商用サイトのセキュリティにフォーカスした「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」が開催された。また第三回目では、「ビッグデータ活用を支えるHadoopセミナー」と題し、ビッグデータ活用を支える基盤技術の中でも分散処理のフレームワークとして最も注目されるHadoopの活用事例や技術が紹介された。

そして第4回目となる今回は、「大企業のための情報漏洩対策セミナー〜情報漏洩が起こる事を想定した対策を講じる〜」と題し、相次ぐ情報漏洩による企業への影響が懸念される昨今、どのようにセキュリティ対策に向かっていくべきなのか、コンプライアンスなど社内での平時における危機対応から技術的な最新動向まで実務経験豊富な講演陣が具体的な対策が紹介される。

基調講演には、長島・大野・常松法律事務所 弁護士 辺 誠祐氏による「機密情報漏洩事件への平時の備えと危機対応」が予定されている。辺氏は、コンプライアンスや危機管理・企業不祥事対応での実績があり、講演では最近の重大な情報漏洩事件を踏まえた上での初動対応や平時の備えについて解説が行われる。

さらに、株式会社ラック、ハミングヘッズ株式会社、ネットエージェント株式会社による、セキュリティのプロフェッショナル達がお届けする豪華講演も予定されている。また本イベントを締めくくる特別講演では、ヤフー株式会社 社長室リスクマネジメント室 プリンシパル 高 元伸氏により、Yahoo! JAPANでの事例を交えた「被害を最小限に抑える事故対応フロー」が予定されている。

同セミナーの詳細は以下の通り。

・タイトル:第4回マイナビニュースITサミット 大企業のための情報漏洩対策セミナー〜情報漏洩が起こる事を想定した対策を講じる〜・開催日程:2014年12月11日(木) 13:00(開場 12:30)〜17:30・定員:100名・申込締め切り:2014年12月10日(水) 18:00まで・参加費:無料・会場:株式会社マイナビ マイナビルーム2F-S 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル・主催:株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局・協賛:株式会社ラック、ハミングヘッズ株式会社、ネットエージェント株式会社