グリコ・森永事件における「週刊現代」記事めぐり講談社が敗訴

ざっくり言うと

  • グリコ・森永事件を題材にした連載に関する裁判で、講談社が敗訴した
  • 連載で小説家の黒川博行氏が犯人扱いされたとして、損害賠償を求めていた
  • 1、2審では「黒川氏が犯人と推認させ、社会的評価を低下させた」と指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング