7日、「テキサス親父」の名前で知られている米国の評論家のトニー・マラーノ氏がカリフォルニア州グレンデール市議会で慰安婦像について発言したことを米動画共有サイトに報告し、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。Record China

「韓国系」政治家がアメリカで急増…問題点は

ざっくり言うと

  • アメリカで韓国系政治家が急増している
  • 米国各地で、慰安婦碑設置運動の展開の流れがより強固になると指摘される
  • 韓国系住民は米国内で権利を拡大してきたが、嫌韓感情も広がっているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング