香川真司、インサイドハーフのプレーで「自分の良さを出したい」

写真拡大

 日本代表は13日、ホンジュラス代表と対戦するキリンチャレンジカップ2014の前日練習を、試合会場の豊田スタジアムで行った。

 具体的な練習ができたと明かす香川は、「攻守の両面で明日どこまでできるのかっていうのを改めて確認して、チャレンジしていきたいと思います」とコメント。「もちろん試合の中でが一番大事になると思うんで。そこで話し合いながらやっていきたいと思います」と連携面を語った。

 ハビエル・アギーレ監督のサッカーに慣れてきたかとの問いに香川は「難しいことは特にやってないんで、自由ではないですけど、攻撃になった時には比較的そんなに制限はない」と明かし、「一番はしっかりと攻守においてハードワークすることが求められるポジションだし、それをやりながら、また違ったポジションで自分の良さを出していけたらいいと思います」とインサイドハーフでのプレーを語っている。

 日本代表は、ホンジュラス代表と過去に2度対戦。成績は1勝1分けとなっている。