「3Dプリント成形のノートPC」、資金調達サイトで8万ドルを達成

写真拡大

世界初の3Dプリントによるノートパソコン「Pi-Top」が、Indiegogoの資金調達に成功した。「Raspberry Pi」を搭載したオープンソースプロジェクトで、技術教育も目標だ。

「「3Dプリント成形のノートPC」、資金調達サイトで8万ドルを達成」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界初の3Dプリントによるノートパソコン「Pi-Top」が、「Indiegogo」による資金調達で目標の80,000ドルを達成した。締め切りまで残り57時間を切った時点で140,000ドルを集めている。

Raspberry Pi」を搭載したPi-Topの特徴は、プリント回路基板(PCB)と3Dプリントの融合だ。

カスタマイズ可能なデザインは自由度が高い。5インチ(約13cm)×5インチというサイズの「自分だけのケース」を3Dプリントすることもできる。

関連記事Raspberry Piを内蔵する小型ラップトップ

ただし、Pi-Topのポイントは見た目だけではない。プロジェクトのいちばんの狙いは、「ハードウェアをソフトウェアのように身近なものにする」こと。Pi-Topをできるだけ初心者に優しい製品にし、これを基盤にして、人々が自分で電子機器をつくれるようになっていくことが目標なのだという。

これを念頭に、英国のさまざまな大学の学生エンジニアからなる開発チームは、誰もが一晩でキットを組み立てられるようにした。

さらに、開発チームはユーザーたちに、「ホーム・オートメーションのデヴァイスや、ロボット、家電製品などをつくって制御する方法」を学んでほしいと考えており、そうしたキットも開発している。Indiegogoのページで彼らは、「ゲーム化された学習体験を重ねることで、次第に、自分で部品や製品を設計できるようになる」と述べている。

開発チームはこれまでにも、英国を回って子どもたちに自分たちの技術スキルを伝えることを行っている。

TAG

3D PrintingEducationRaspberryPiVideoWiredUK