世界最高のシリーズに「CoD」、累計1億8,890万本販売の人気ゲーム。

写真拡大

人気FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)の「コール オブ デューティ(Call of Duty)」が、ギネス・ワールド・レコーズによって最高傑作のゲームシリーズに選ばれた。PC、Mac、Xbox、プレイステーションで展開されている本作。5,000本以上に上るゲームの中から、ギネス記録のゲーム版によって最高作の座を与えられた。

すべてのハード向け、シリーズの合計で1億8,890万本の売上を誇る同作は、シューティングゲームのベストセラーにも挙げられている。同ゲームのファンたちはギネス世界記録チャレンジャーのサイト上で、高得点を申請することも可能だ。

なお、シリーズ最新作となる「コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア」は、日本でもスクウェア・エニックスより字幕版が11月13日に発売。吹替版は12月4日に発売となる。