廃墟×マスクのウェアハウスパーティー:『TERABYTE TRANSFER』RBMA Tokyoライヴリポート第4弾 #RBMATOKYO

写真拡大

開催およそ10日前に明かされた会場は、神田の廃墟だった。エントランスではマスクが渡され、プレイ中も火災警報機が鳴る──。幾多のライヴが開催されているRedbull Music Academy(RBMA)Tokyoにおいても独特なイヴェントだっただろう、10月21日の『TERABYTE TRANSFER』をリポート。

「廃墟×マスクのウェアハウスパーティー:『TERABYTE TRANSFER』RBMA Tokyoライヴリポート第4弾 #RBMATOKYO」の写真・リンク付きの記事はこちら

プログラム発表当初は会場が非公開となっていた『TERABYTE TRANSFER』。およそ10日前になって発表されたその場所は、神田にある旧東京電機大学跡地だった。廃墟でウェアハウスパーティーが行なわれる、ということである。こういったユニークなロケーションを利用しているのもRBMAの楽しみのひとつだろう。

解体中の建物を奥へと進み、地下の入口に辿り着くと、マスクを手渡させる。中は砂埃が舞っているため、とのこと。そんなところでやるのかと怪訝に思いながら、フロアに侵入(という表現がふさわしい)。するとそこは、四方にコンクリートしかなく、最低限の照明だけが装飾された、非常にゲットー感漂うスペースだった。こちらの予想以上に埃っぽい場所で、多くの人が本当にマスクをつけて踊っているという異様な光景が見られた。

OlefonkenLa Mverteらがディスコ、ハウス、ニューウェイヴ、テクノを中心としたセットでフロアをあたためた後、Alejandro Pazが登場。このあたりから砂塵が舞い過ぎるあまり、火災報知機が鳴るというアクシデントが幾度となく発生。つまり、盛り上がりはピークに達していた。「El House」ではAlejandro PazがDJブースからフロアに降りて熱唱。平日のオフィス街に似つかわしくない狂騒が繰り広げられた。

そんな場の空気を一辺させたのが、個人的にも最も気になる存在だったXosarのアクト。L.I.E.S.やRush Hourといったレーベルからエクスペリメンタルでインダストリアルなテクノを送り出してきた女性アーティストである。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN p-20141023-00171_news p-20141023-00173_news

2/7Olefunken

p-20141023-00176_news

3/7Alejandro Paz

p-20141023-00177_news

4/7Palms Trax

p-20141023-00528_news

5/7Alejandro Paz

p-20141023-00530_news

6/7La Mverte

p-20141023-00533_news

7/7マスク姿のオーディエンスもちらほら!?

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN p-20141023-00171_news

Xosar

p-20141023-00173_news

Olefunken

p-20141023-00176_news

Alejandro Paz

p-20141023-00177_news

Palms Trax

p-20141023-00528_news

Alejandro Paz

p-20141023-00530_news

La Mverte

p-20141023-00533_news

マスク姿のオーディエンスもちらほら!?

彼女はDJというよりelectribeなどを使用したライヴセットで、リズムを求めているであろうオーディエンスに対しくぐもったノイズを浴びせ、やっとのことで出てきたビートもありえないほど抜けの悪い音を繰り出し、唯一無二の存在感を見せつける。やがてオーセンティックなテクノで観客を乗せていったかと思うと、やはりどこかで音を潰し、BPMを変え、一筋縄ではいかない展開に。刺激的な時間を提供した。

ラストに登場したPalms Traxは、この日の出演者のうち、最も起伏に富んだプレイを聴かせてくれた。オーガニックな歌モノから無骨なテクノへと進む流れも見事。60分を通して起承転結のある美しいDJプレイで、この日のウェアハウスパーティを締めくくった。

イヴェントの当日の音源はこちらで聴くことができる。

RBMA関連記事
冨田勲、RBMA特別レクチャー(動画)
和楽器がヒップホップを新次元へと導く:「DJ Krush x 和太鼓」RBMA Tokyoライヴリポート第3弾
ジャンルが消えたとき、音楽は3次元に進化する:James Holden、Matthewdavid…RBMA Tokyoライヴリポート第2弾
進化するヒップホップと変わらないアイデンティティ:RBMA Tokyoライヴリポート第1弾
レッドブルの「音楽学校」RBMAの挑戦:無名アーティストを世界最高峰のフェスへ送り出す意味
「レッドブル・ミュージック・アカデミー東京」を楽しむために知っておくべき7つのこと

TAG

DJLiveMusicOlefonkenRBMARedbullXosar