ホンジュラス代表監督「日本は強豪だが、勝つのは不可能でない」

写真拡大

 ホンジュラス代表は13日、日本代表と対戦するキリンチャレンジカップ2014の前日練習を、試合会場の豊田スタジアムで行った。

 練習後、エルナン・メドフォード監督が会見に出席した。ブラジル・ワールドカップ後に就任した指揮官は、チーム構成について、「半分がワールドカップに出場した選手で、そしてもう半分が新しく代表でプレーする選手。その中には国内リーグでプレーするU−20世代の選手も連れてきた」と説明。就任間もないため、「選手たちは徐々に新しいスタイルに慣れてきているところ」という状態だが、「明日は簡単ではないと思うが、決して勝つのは不可能ではない」と意気込む。

 ハビエル・アギーレ監督就任後の日本代表については、「何試合か見たが、非常に良い試合だったと思う」と言及。「ブラジル代表戦では確かに苦戦していたが、日本はホンジュラス同様にチームとして仕上げていくにはまだ時間が必要。日本にはヨーロッパでプレーする素晴らしい選手が揃った強豪だと思う」と評価を語る。「攻撃的に仕掛けていくことが私の好む哲学なので、明日もそうしたい。ただ、日本の攻撃は非常に強力なので、守備面でも怠らないようにしたい」とゲームプランも明かした。

 ホンジュラス代表と日本代表は、過去に2度対戦。日本代表の1勝1分けとなっている。