【ライブドア・ニュース 20日 東京】 − 20日午前11時までの気象庁の発表によると、発達した低気圧の影響で21日にかけて、北陸から北海道にかけての日本海側と岐阜県の山沿いで、大雪が降る恐れがある。同庁は大雪によるなだれなどに注意を呼び掛けている。
 
 同庁によると、日本海中部にある発達中の低気圧が20日夜に、北海道の南東海上に達する見込み。21日午前6時までに予想される降雪量は、いずれも山間部で、北海道と東北地方の日本海側、岐阜県で40から60センチ、北陸地方で50から70センチ。【了】

ライブドア・ニュース 小木曽浩介記者