アリババに「1日で約1兆800億円の取引高」をもたらした日、シングルズ・デー

写真拡大

11月11日、シングルズデーのセールで、アリババは1日だけで571億元(約1兆779億円)の取引高を実現した。最も売れたブランドの3位にはユニクロが入っている。

「アリババに「1日で約1兆800億円の取引高」をもたらした日、シングルズ・デー」の写真・リンク付きの記事はこちら

中国で11月11日は「シングルズ・デー」(独身者の日)と呼ばれる。パートナーのいない人たちが、自分にギフトを贈るために散財する日だ。

中国語で光棍節(グァングンジェ)と呼ばれるこの日は、もともとは1990年代に同国の大学生たちの間で始まったとされるが、2009年に中国の電子商取引巨大企業アリババがオンラインモールの大幅値引きの日として利用し始め、いまや「世界最大のオンラインショッピング・デー」となっている。

11日が終わった段階でアリババが発表したシングルズデーの取引高は、571億元(約1兆779億円)という衝撃的なものだった。これまでの記録だった2013年の取引高362億元(約6,834億円)は、セール開始から14時間弱で突破されたという。

アリババはまた、総注文数である2億7,850万件の半数近く(43%)が、モバイル機器からの注文であることを明らかにしている。


TAG

AlibabaOnlineShoppingVideo
これから米国が迎えるホリデーシーズンでは、例えばブラックフライデー(感謝祭=11月の第4木曜日翌日の金曜日)がかき入れ時になることが知られている。

しかし、2013年のブラックフライデーにおける米国のオンライン売上は、総額52億9,000万ドル。アリババの今年のシングルズ・デーと比べると、かろうじて半分を上回る程度に過ぎない。それも、ブラックフライデーは全業者の売り上げを合計したものだが、シングルズ・デーはアリババ1社だ。

さらに、こういう見方もできる。2013年の年次報告の数字よると、eBayのオンライン市場の1日の取引高は約2,300万ドルだ。また、2013年の収益報告書によると、アマゾンの製品販売高は1億6,600万ドル。つまり、オンライン小売りの巨人とされるアマゾンの1日平均販売高は、アリババのシングルズデーの2%に満たない。

アリババは、このショッピングデーを世界的に広げようとしている。国際的な関心を刺激することを狙って、今年はCalvin Klein、Costco、American Eagleなど、数々の国外ブランドに声をかけ、最終的には27,000社がシングルズ・デーに参加した。

リリース(PDF)によると、217カ国・地域から購入が可能だった。また、最も売れたブランドは、1位がXiaomi(中国のスマートフォンメーカー)、2位がHaier(中国の家電メーカー)、3位がユニクロ、4位がHuawei(中国の通信機器メーカー)、5位がLinshimuye(中国の家具販売店)だった。

TAG

AlibabaOnlineShoppingVideo