日本武道館の全編生中継を発表した際の「檜原ニコニコ祭り」でのライブの様子

写真拡大

全編ニコニコ生放送で生中継される、11月17日(月)開催の演歌歌手・小林幸子さんによる「50周年記念 小林幸子in日本武道館 〜夢の世界〜」において、ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift(オキュラスリフト)」を活用した、世界初のバーチャルリアリティLIVE配信サービスが開始されることが明らかになった。

日本最大級の動画サービス「niconico」を運営するドワンゴ・ニワンゴが発表したところによると、本サービスは、日本電信電話株式会社(NTT)と共同開発した「全天球映像向けインタラクティブ配信技術」を実装したサービスとなる。

自宅でラスボスのライブを360度高画質映像で試聴できる!


niconicontt


360度の映像を堪能できるヘッドマウントディスプレイの中でも、「Oculus Rift」は、視野角がとても広い上に頭の動きに合わせて視界が動くため、まるでCGの世界に入り込んだような「VR(バーチャルリアリティ)」体験が得られる。

reIMG_0725__

「ニコニコ超会議3」でも複数のブースで活用されていた「Oculus Rift」



今回発表されたバーチャルリアリティLIVE配信サービスは、ライブ会場に設置した360度全天周カメラの映像から、視聴者がヘッドマウントディスプレイを通して、好きな方向を自由に高品質映像で見渡し、その場にいるかのような臨場感あふれる体験ができる新しいネット視聴サービスとなる。

「Oculus Rift」を持っている方は、放送同日の11月17日よりダウンロード開始となる「バーチャルリアリティ生放送視聴アプリケ―ション」をパソコンにインストールすることで、バーチャルリアリティLIVEに対応した生放送番組を自宅にいながら体験することができる。

また、持っていない方でも、視聴画面を視聴したい方向にドラッグ(スワイプ)操作することで、360度の映像を楽しめる。

今後、このサービスは、ニコファーレでの配信やニコニコ生放送において実施予定とのことだ。