幻想的な「A380」機のムーヴィーはどう撮影されたか(動画あり)

写真拡大

英国航空の新型機の宣伝動画は、CGに見えるが、リアルに撮影されたものだ。プロジェクション・マッピングや3Dストリートアートの技法が使われている。

冒頭の動画は、英国航空(BA)がロンドン/シンガポール線で就航させる新型機「A380」(世界初の総2階建てジェット旅客機)を紹介するものだ。

「幻想的な「A380」機のムーヴィーはどう撮影されたか(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

この動画を観たほとんどの人は、単なるアニメーションだと思うだろう。実際にはこの動画は、すべてプロジェクション・マッピングを利用して制作されている(動画の最後に、撮影されたスタジオの様子が出てくる)。

プロジェクション・マッピングは、しばしば、建物に映像を投影する(日本語版記事)ことに使われるが、この動画を制作したProjection Artworks社は、巨大なライトボックスの中に1/20サイズの航空機模型を置き、そこに映像を投影した。さらに、遠近感や動きと組み合わせることで、これまでに誰も見たことがないような効果を生み出している。

航空機だけでなく、ライトボックスの床や天井、壁全体に映像を投影することで、実際に空を飛んでいるような錯覚が生まれている。撮影には7台のHDプロジェクターを使用した。

さらに、Projection Artworks社は、目の錯覚を起こさせる3Dのストリートアート(日本語版記事)で有名なエドガー・ミューラーやカート・ウェナーなどからヒントを得て、動画の遠近感に磨きをかけたと主張している。

「普通の映像投影では、1カ所の視角(視聴者やカメラの立ち位置)から投影が行われる。だが、今回の航空機模型の投影では、5通りのカメラアングルから映像を制作した」と、Projection Artworks社のトム・バーチは説明する。立体的な雲は、もともとはドライアイスの煙だ。

この印象的な動画を見ると、たとえエコノミークラスの乗客としてであっても、空を飛んでいるような気持ちになるだろう。

TAG

AirplaneProjectionMappingVideoWiredUK