写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Keysight Technologiesの日本法人であるキーサイト・テクノロジーは11月12日、PXIベースの16チャネル、シングルスロットユニポーラダイナミックD/Aコンバータ(DAC)「M9188A」を発表した。

現在、自動車には多くの電子制御ユニット(ECU)が搭載されており、機能試験に必要なアナログ疑似信号の作成・出力にDACが使用されている。しかし、既存のDACの最大出力は10V〜20Vだったため、車載ECU機器に必要な電圧に合わせて、電圧を上昇させるために信号調整回路などの外付け基盤の設計・開発が必要だった。これに対し、同製品では、最大出力30Vを実現し、+30V以下のアプリケーションにおいてテスト環境の開発時間を大幅に短縮できる。また、+20mAまでのDC、パルス波形などの可変電流源としても使用可能なため、電流源信号が必要なアプリケーションテストでも、電流トランスやソース/メジャメントユニットを追加する必要がない。その結果、設備投資を抑えることが可能になる。さらに、チャネルごとに出力切断スイッチがあるため、外部信号源からの意図しない信号による測定対象物の損傷を防いだり、使用時間を伸ばしたりすることができる。そして、1チャネルあたり1MBのメモリがあり、サンプリング周期は2μs〜512μs、更新速度は最大500kSa/sで波形を出力できるため、一般的な任意波形発生器と同様に利用できる。

この他、同社のPXIファンクションテストシステム「TS-8989」をはじめとする自動車エレクトロニクスファンクションテストシステムやPXIテストソリューション、一般的なPXIシャーシに組み込み使用できる。また、車載用デバイスのエレクトロニクステスト、メカトロニクステスト、アイソレートされたバイアスチャネルが必要な機能試験装置といった機能試験に最適となっている。

なお、価格は43万3084円(税抜き)から。すでに販売を開始している。

(日野雄太)